【デバイス】プロゲーマー愛用のRazer Hammerhead Pro V2レビュー

PUBG系のブログもサウンド関連の記事がリンクされてるみたいで、大昔に書いた記事のPOV数が上がって驚いています。PUBGすげー!!

実は今この記事を書いているPC部屋はエアコンがなく、ドアも締め切っているので夏場は気温が30℃近くになります。一昨年までその部屋でヘッドセットを使ってプレイしていたら、耳の周りにニキビが出来たり耳たぶがかぶれたりしていました。そこで昨年から夏場だけイヤホンを購入して使うようにしています。

今年使っているのはこれ
『Razer Hammerhead Pro V2』
ef1759f5e30d78ff7e0b9de7674ae967-lifestyle-razer-hammerhead-pro-v2-2.jpg
Razerが販売しているゲーミングイヤホンになります。結論から言うとマイク以外はゲームプレイ用のイヤホンとして使えます。
それでは2ヶ月ほど使ったのでレビューしていきます。

■外観
箱を開けるとイヤホン本体と説明書、交換用イヤーピースにキャリングケースが入っています。
37iZqvzN.jpg


bt4pClC-.jpg

■ヘッドセットには及ばないもののプレイに問題ない音
ヘッドセット(普段はPC350を使用)と比較してしまうとどうしても聞こえる音が少ないです。特に上下の音はヘッドセットであれば聞き分けられますが、イヤホンだと難しくなります。かと言って、プレイに支障をきたすわけではなく私の環境と設定の中では足音の位置などは十分に聞こえます。実はバージョンアップ前の旧HammerHeadも使っていたんですが、以前より音の聞こえ方は改善されていると感じました。

■サイズは少し大きい
ボディの部分は少し大きく、一番小さいイヤーピースを装着していても若干の違和感を感じるかも知れません。耳が小さい人は痛さがあるかな?という感じです。
ケーブルはフラットスタイルで、プロゲーマーに支持されている理由の1つだと思っています。プロはLAN会場でプレイする際イヤーマフなどの下にイヤホンを装着してプレイしています。スマホゲームをする人はインラインリモコンがついてるので重宝するかも知れません。
mtW0aixa.jpg

MntL0sJM.jpg

■マイクは微妙・・・

はっきり言って使い物になりません。声が篭ったように聞こえ、インゲームVCなどでは聞き取れないようになってしまう場合があります。プロもマイクは大会から提供されているヘッドセットのマイクを使っていますし、私もマイクはヘッドセットをクビからかけて使っています。このマイクを使わないのであれば下位機種の「Razer Hammerhead V2」を購入するのもアリです。
例)プロもマイクが付いていない方を使ってます。
1499618640.jpeg 

ra.jpeg 
※画像はHLTVから

■まとめ
かつてはsteelseriesからもゲーミングイヤホンは販売されていましたが、現在ではこのRazer Hammerhead V2かCreativeやozoneが出している製品くらいしかありません。ヘッドセットと違い、イヤホンは特にゲーミング仕様にする部分が少なく正直なところ普段から使っているイヤホンでも十分だからだと思います。実際プロも普通のイヤホンを使っている人がいます。その上でこの「Razer Hammerhead Pro V2」を買うメリットはプロが使っている安心感と、イヤホンの上からヘッドセットやイヤーマフを装着しても違和感が少ないフラットスタイルのケーブルというところでしょうか。日本でもLAN大会ではホワイトノイズが再生されているヘッドセットを装着させられるようになってきましたし、普段からそういった状態に慣れておくという意味では非常に良い製品です。かと言って普段から何万円もするイヤホンを使っているのに、ゲーム用にこのイヤホンを買う必要があるかと聞かれたら無いと思います。

最後にCSGOのカスタムマップでサウンドテストができるマップを貼っておきます。
ヘッドセットやサウンドカードを買い替えたときなどに使えます。
Sound Training

glhf!!


関連記事

テーマ : Counter-Strike: Global Offensive
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

▼Counter-Strike関係のブログ

最近更新されたCounter-Strike関係のブログ

▼最新記事
▼Twitter
▼スポンサードリンク
▼リンク
▼スポンサードリンク