【デバイス】CoolerMaster(CM STORM) ALCORの簡単レビュー

はい長らくおまたせしました。CoolerMaster(CM STORM)から発売されているゲーミングマウスのALCORを使ってみた上で簡単なレビューを書いてみたいと思います。
alcor.png

本文が長くなってしまうので結論から書くと「ダーマポイントDRTCM37を継承した日本人にも使いやすいIE3.0系クローンのマウス。クリックとセンサーに好き嫌いが出そう」といったところです。なんでそういう結論に至ったかは以下に書きます。

■パッケージ
パッケージはゲーミングマウスによくあるタイプの箱なのでナイフで丁寧にテープを切って開封します。
Picture 588 


中身はマウス本体と仕様などが書かれたリーフレットが一枚というシンプルな構成。
Picture 532 


■日本人にフィットするサイズ

ALCORは元々ダーマポイントのDRTCM37というマウスが元になっており、DRTCM37は日本人向けに開発されたマウスなので必然的にALCORも一般的に欧米人より小さいと言われる日本人の手にもフィットしやすいサイズになっています。手持ちのRival,Kinzu,EC2と比較してもEC2とさほど変わらないサイズなので手が小さい私は持ちやすかったです。
Picture 548Picture 549


Rival,EC2と並べて比較するとサイドの形状などの違いが分かると思います。
Picture 551Picture 550


普段使っている感じで持つとこうなります。すっぽり手で覆えるくらいのサイズなので扱いやすいです。重さもケーブル無しで80gとKizuzよりちょっと重い程度しかなく振り回すような使い方をしても疲れません。
Picture 544Picture 547


個人的に気になったのがサイドボタンの位置。Rivalだと親指が常に半分サイドボタンにかかっていていつでもクリックできたのですがALCORは親指の置いてある位置の少し上にあるのでサイドボタンを押すときにちょっと親指を動かさないといけません。しかもサイドボタンのクリックが若干甘いので常に指をかけておくと誤爆する可能性があります。サイドボタンを頻繁に使う人は要注意です。
Picture 543 

続きを読む

テーマ : Counter-Strike: Global Offensive
ジャンル : オンラインゲーム

【CS:GO】DreamHack CS:GO Championship観戦ガイド

今月27日からスウェーデンのヨンショーピングで賞金総額$250,000のDreamHack CS:GO Championshipが開催されます。
DreamHack CSGO Championship


今回はそのDreamHack CS:GO Championshipに出場するチームと注目選手を簡単に紹介するので観戦やLoungeの参考にでもしてみてください。

予選グループA
Fnatic
pronax
KRiMZ
JW,
olofm,
Flusha

現在FACE IT S2 LAN,ESWC,fragbite Masters S3 LANと新しいラインナップになってから出場したオフライン大会全てで優勝している世界最強のスウェーデンチーム。前回のDreamhack Winter 2013以降一時期低迷していたがolofm選手とKRiMZ選手という強力なプレイヤーが加わった上に、Fnaticを語る上で外せないJW選手という若いAWPerを擁している。それに加えて全員が少人数戦が上手く個人スキルを生かした戦い方をするもののしっかりラウンドを取っていく。そのおかげでinfe,cache,overpassなどを得意とするが不得意なd2やnukeでも勝てるようになってきているので隙がない。チームのプレイスタイルとしてはFnaticの伝統であるのか個人スキルを主体にしたアグレッシブな試合展開を見せる。注目選手はJW選手。CS:GO界でも最高峰のAWPスキルとCZスキルを持った彼を止められる選手は少ない。

Bravado Gaming
cent
deviaNt
Detrony
racno
bLacKpoisoN

南アフリカ共和国のチーム。ハッキリ言って情報が少なく未知数。アフリカ大陸からメジャーイベントに参加する事は諸事情によりかなり難しい。プロシーンでは各地域によって作戦やプレイスタイルに大まかな流行り廃りがあるが恐らく全てのチームが初めてこのチームと試合をするのでどういう展開になっていくのかが楽しみ。残念ながら事前情報がほとんどなかったので注目選手は分からず…。唯一知っているのはCent選手がチームリーダー兼AWPerだと言うことである。

Cloud 9
Semphis
Hiko
Shroud
n0thing
sgares

アメリカ勢2位のチーム。最後に成績を残したのはESL One Cologne (5~8位)とFACEIT S2 LAN (5~6位)の2つのみで最近はESWCで予選敗退している。ただし良くも悪くもアメリカ勢らしいチームで個人スキルによるアグレッシブなプレイスタイルと勢いが売りでd2などの得意マップであればヨーロッパ勢の脅威となるがinfeなどの不得意マップであったりn0thing選手とHiko選手というキープレイヤーが不調だとチームの強みを出せない。またヨーロッパ勢の強力なAWPerに対抗出来るスナイパーがおらず、どういう対抗策を打ってくるのかが見もの。ESWC終了後すぐにスウェーデンに飛び今大会のために長期ブートキャンプを実施しているので彼らの本気を見れることだろう。個人的にダークホースとなりえるチーム。注目選手はn0thing選手。CS1.6時代からのベテランながら時に爆発的なパフォーマンスを発揮する。彼が絶好調ならば問題ないだろう。

HellRaisers
ANGE1
Dosia
markeloff
s1mple
kucher

旧ソ連圏2位のチーム。StarSeries X(3位)GameShow League(2位)ESWC(5~8位)と最近は少しずつではあるが以前の調子を取り戻しつつある。以前のHRは全員がCS1.6のベテランプレイヤーでありオフライン経験なども豊富ではあるが逆境をひっくり返すスキルをもったプレイヤーや絶対的なAWPerがいないせいもあって常に後一歩惜しいとこでラウンドが取れず負ける事が多かった(特に作戦を実行したのにも関わらず負けるのが痛い!!)。しかしAdreN選手の脱退後に加入した16歳のs1mple選手は非常にアグレッシブなスキルを持っており、HRは足りなかった絶対的なエースとAWPerを同時に獲得し最近ではESWCでNiPに勝利するなど番狂わせを演じている。Dosia選手やANGE1選手なども非常に調子に左右される選手なので上手くいけば同グループのC9を破り今大会のダークホースになりえるだろう。注目選手はsimple選手。16歳という若さに加えて非常に素晴らしいAWPスキルを持っており、JW選手やGuardiaN選手に対抗出来るAWPerの存在は非常にデカい。

続きを読む

テーマ : Counter-Strike: Global Offensive
ジャンル : オンラインゲーム

【CS:GO】Fnaticの名少人数戦プレイヤーflusha選手のconfig

今日はFnatic(チームランキング1位)に所属するflusha選手のconfigを紹介します。
flusha_02.jpeg  


21歳のRobin "flusha" Rönnquist選手は現在チーム内ランクでは2位ながら素晴らしいスキルを持っています。その中でも特に素晴らしいのはround後半における少人数戦(clutch)の上手さで、clutchプレイヤーが5人揃ったFnaticの中でも一番上手く世界のプロチームの中でもTOP3に入る実力が高く評価されています。



configのダウンロードはこちら。
flushalatestcfg.rar - Speedy Share
flusha_01.png 


続きを読む

テーマ : Counter-Strike: Global Offensive
ジャンル : オンラインゲーム

【CS:GO】HellRaisersに所属するs1mple選手のconfigと設定

ウクライナのHellRaisers(世界ランキング9位)に所属するs1mple選手のconfigが公開されていたので紹介したいと思います。
s1mple.jpeg 


s1mple選手はまだ16歳ながら今CS:GO界で期待されているプレイヤーの1人で、先日のESWC2014でもNiP相手に1on4から勝利をもぎ取る素晴らしいプレイを魅せてくれました。



configのダウンロードはこちらから。
s1mple csgo config - cs-cfg.com
s1mple_01.png

ただしこのconfigは本人がアップロードした確証がないので100%本物かどうか分かりません。
一応出来る限り知り得る情報から確認をした結果"多分本物っぽいね"程度です。もしフェイクだったらごめんなさい。

続きを読む

テーマ : Counter-Strike: Global Offensive
ジャンル : オンラインゲーム

【CS:GO】サウンド設定に最適なマップ「Audio Test Chamber」

大会があったので全然ブログ更新してませんでした。ごめんなさい。
ということで今回紹介するのはサウンド設定をするときに便利なカスタムマップ
Audio Test Chamber」です。

このマップはゲーム内で発生する音をスイッチで再生することが出来る面白いマップで、ぼっちプレイヤーでも自分の納得出来るまでサウンド設定をいじる事が出来ます。
sound_01.png 


マップに入ったら再生したいサウンドのスイッチを押すだけです。
csgo 2014-11-19 09-00-19-404 


再生出来るサウンドは
・足音
・スコープ展開音
・銃声
・武器ドロップ音
・武器テイク音
・リロード音
・落下音
・ホステージ救出音
・着地音
・C4解除音
・C4設置音
・はしご音
の12種類です。

続きを読む

テーマ : Counter-Strike: Global Offensive
ジャンル : オンラインゲーム

【CS:GO】CS:GO Loungeで爆死しないためのちょっとしたポイント その2

前回あれだけLoungeで爆死しないための注意点を書いたにも関わらず、未だに配信やTwitter、Askでわけわからん事書いてる人がいるのでもう少し書いてみます。

ポイントは以下の3つ
・手堅い試合でプラスにする
・柳の下のどじょうは狙わない
・スキップする勇気も大切


■手堅い試合でプラスにする
ハッキリ言うとLoungeは資金があればあるほど負けなくなります。この負けというのはbetの予想が外れる"負け"ではなくマイナスにならないという意味です。どういう事かというと、例えばこの画像にある5試合を全てoddsの高い方(%の低い方)にbetするとします。この場合は2試合外れても3試合当たっています。Loungeでは$60*4の最大$240を一試合にbetすることが出来ますが、2試合で$480を失っても3試合で勝てばマイナス分を超えてプラスにすることが出来ます。
Lounge_exe.png  


続きを読む

テーマ : Counter-Strike: Global Offensive
ジャンル : オンラインゲーム

【CS:GO】CS:GO Loungeで爆死しないためのちょっとしたポイント

一ヶ月ブログ更新サボってました。すいません。
今回は何かとCS:GOプレイヤーの中で話題になってるCS:GO Loungeを使ってスキンをbetする際に、私が注意しているポイントを書いていこうと思います。これを読めば無駄にbetして大損したりしないようになるかも知れません。(CS:GO Loungeの利用は全て自己責任でよろしくお願いします)

csgo_lounge.png

■CS:GO Loungeマイルール
・NAマッチは運試し
ESEAやCEVOなどの北米マッチはガチbetしないほうが良いです。というのもESLなどの世界大会では成績を残しているC9(旧compLexity)は国内戦に弱く、逆に世界大会ではパッとしないものの国内最強のiBPなどのトップチームだけではなく中堅チームにすら負けたりします。あとは基本的に脳筋AIMゴリラチームが多いのでその日のチームの調子の善し悪しに左右されて予想がしにくいからです。よっぽど予想に自信があるか、もう後が無いカイジ勢以外はスキップするか運試しのつもりで少額betにしておくのが失敗しないポイントです。
※C9はESEA予選の14試合中5試合負けています
esea_c9.png

・無名チーム同士の試合はスキップしよう
Loungeには有名なトップ~中堅チームの試合以外に地域予選などに出場している三流・無名チーム同士の試合も追加されたりします。そういう試合は基本的にスキップしましょう。というのも情報が少ないのでどうしてもギャンブル性が高くなってしまいます。ギャンブル依存症だったり毎試合betしないと死んじゃう病じゃない限りはスキップしておくのが良いと思います。

・oddsが70%を超えたら反対側にbetすることも考えよう
Loungeに出ているoddsは必ずしも正しい予想された数値だとは限りません。特にあまり情報を入手していない人たちがネームバリューや直近5試合程度の結果でbetしている場合は本来50/50くらいなのに80/20くらいに偏っている場合があります。特にトップチーム同士の試合やオンラインでは強いチームとの試合でこのような偏っているoddsになっている場合は安易にoddsが低い(%が高い)チームにbetするのではなく反対側にbetすることも検討すると良いかも知れません。その場合はoddsが高い(%が低い)ほうに価値の低いスキンをbetするごみ処理betがオススメです。

・大会の情報を入手してチームの本気度を計ろう
彼らもプロなので表立っては言いませんが、全大会全試合を100%でプレイしているわけではありません。大会によっては決勝戦までオンラインで完結する大会や優勝してももらえる賞金が少ない大会などがあります。また優勝すると次の大きな大会への出場権がもらえる大会などもありますがトップチームのいくつかは招待枠で出場出来たりするのでそこまで必死に出場権が欲しいわけではなかったりもします。他にはESECのようなエキシビションマッチ色が強い大会などもあります。つまり何がなんでも勝って賞金や出場権が欲しい中堅チームと勝っても勝たなくても困らないトップチームとの試合の場合、トップチーム側が手を抜いていたりするのでbetする際はそういうプレイをするチーム、選手なのかどうか調べておきましょう。またオンラインでは強いチームでもオフラインでは弱いチーム、その逆でオンラインでは弱いけどオフラインでは強いチームもあります。その試合がオンラインなのかオフラインなのかチェックしておくのも大事です。

続きを読む

テーマ : Counter-Strike: Global Offensive
ジャンル : オンラインゲーム

【CS:GO】最近ハマってるaimマップ「aim_botz」

Twitterで何そのマップって聞かれたので紹介。
「aim_botz」は最近workshopのダウンロードランキングで上位にきてたaimマップ。
ダウンロードはここから緑色の「Subscribed」をクリックすればOK。
Steam ワークショップ :: aim_botz
aim_botz01.png

そしたらCS:GOを起動して"OFFLINE WITH BOTS"を選んだら aim_botzをGO。
csgo 2014-08-28 20-31-20-256

Botの難易度は"No bot"にします。MAPに入ることが出来たらテロリスト陣営を選びます。
csgo 2014-08-28 20-31-23-626 

csgo 2014-08-28 20-31-38-366

続きを読む

テーマ : Counter-Strike: Global Offensive
ジャンル : オンラインゲーム

【日記】Rivalのグリップがエグれてるンゴwww

最近までブログの更新をサボっててサーセン。7月に大会があったので一応面白いグレとかの記事は書かないようにしたり、練習に時間を割いてたら更新自体をしなくなってました。とりあえず一段落ついたのでまたボチボチ更新を再開していきたいと思います。

5月に買ったsteelseriesのゲーミングマウス「Rival」ですが、3ヶ月ほど使用していた結果、個人的に気に入っていたラバー製グリップがどんどんエグれてきました。その写真がこちら。
Picture 474_mini 


見てもらったら分かるように親指があたっている部分が凹むというよりかラバーのポツポツが削れてエグれてます。私の周りでRivalを使っているプレイヤーに聞いてもみんなこうなってるので仕方ないのかも知れません。故障・・・といえば故障なのでしょうか?エグれたからといってグリップ力が落ちるわけではないのですが、削れたカス(消しゴムのカスみたいなの)がポロポロ出てくるのでそれが厄介ですね。steelseriesに問い合わせてみようかな。っていうかラバーグリップだけ販売してくれたり・・・しないか。

続きを読む

テーマ : Counter-Strike: Global Offensive
ジャンル : オンラインゲーム

【CS:GO】これがCS:GO界No.1AIMer shox神のconfigだ!!

Epsilon eSportsに所属するRichard "shox" Papillon選手は自身のFacebookでconfigを公開していたので紹介します。




shox選手は現在HLTV.orgプレイヤーランキング3位につけている選手で、そのAIMの素晴らしさから一部のファンから「shox神」と崇められているプレイヤーです。以前はTitanに所属していたもののチーム環境を理由に脱退、元々所属していたMystik(現Epsilon)に戻ってきました。

その後Titanはshox選手の穴を埋めるためにKennyS選手を呼び戻しましたが、あまり良い成績を残せてないところをみるとshx選手のアタッカーとしての能力がどれだけデカかったかがわかると思います。



続きを読む

テーマ : Counter-Strike: Global Offensive
ジャンル : オンラインゲーム

▼Counter-Strike関係のブログ

最近更新されたCounter-Strike関係のブログ

▼最新記事
▼Twitter
▼スポンサードリンク
▼リンク
▼スポンサードリンク